マンションリフォームの基礎知識~まずは知っておきたい マンションリフォームで“できるコト”と“できないコト”

共同住宅であるマンションでは、戸建て住宅よりもリフォームに制限がある場合が多くあります。今回は、マンションリフォームでできるコト、でいないコトや注意したいことなど、マンションリフォームの基礎知識をお伝えします。

マンションには工事ができる箇所「専有部分」とできない箇所「共有部分」があります。

●専有部分とは
玄関の内側から窓の内側までの居住部分
●共有部分とは
コンクリートで作られた、床・柱・壁・梁・天井などマンションを支える構造部分
ベランダ、窓、玄関など外部に面した箇所
になります。また、専有部分であってもマンションの規約(管理規約)で制限がある場合もあります。

 

玄関ドア▲ 
取替えは不可。塗り替えも外側は出来ません。ただし、鍵の取替えや内側の塗装はできるケースが多いです。
パイプスペース ×
図面にある「PS」という部分です。給排水管、ガス管などが通っている、共有スペースになりますので移動はできません。
水まわり設備◎ 
配管の関係上、位置は大きく変更はできませんが、多少の変更は可能です。
コンクリート部分×
構造に関係する部分ですので、変更はできません。
窓 × 
取替えは不可。防音・断熱効果の高い内窓を取り付けることはできます。
ベランダ×
ベランダは「共有仕様部分」住居者が専用に使う権利があるのみです。置くだけのような簡単なガーデニングは楽しめますが、避難通路になっているので避難できクなるような物をおいたりはできません。
床◎ 
仕上げ材の変更は◎ただし、一定の遮音性能以上の床材などと定められている場合があります。
壁◎
構造壁以外は自由に間仕切りを作ることができます。
天井◎
コンクリート部分まで高さを上げることができます。

次回はマンションリフォームの気になるポイントをお伝えします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です